あさーくひろーく

ハロプロ現場レポ

ありがとうやなみん

2019/3/11

 

ハロプロの中でも妖精のような女の子がファンに別れを告げ、新たな道を歩き始めました。涙を最後までみせず、ずっと笑顔のやなみんは別れを悲しむメンバーに元気を与えてくれました。

 

やなみんの思い出を振り返ってみたいと思います。

 

2017

 

カントリー・ガールズZepp名古屋

 

僕にとっては初めてのライブ。やなみんってくせ強いからなかなか人気はありません。紫のペンライトも少なかったです。だから紫を振りました。最初はそんな理由でやなみんを見ていたと思います。

 

ももちラストライブ

 

カントリー・ガールズの兼任が発表されたあとのももちのラストライブ。カントリーが揃って歌ってる姿に複雑な感情を抱いてましたが、愛おしくってごめんねのやなみんの困り眉でたくさん笑いました。あの時は間違いなくやなみんが主役でした。最後のももちとみんなで歌った薔薇色の人生。楽しい曲なのになんで涙が出るんだろうな。そして、この曲はとても大切な曲になりました。

 

ハロコン

 

Juice=Juiceに入ったやなみんを初めて見ました。その時に披露されたのがFiestaFiesta。この曲の衝撃はすごかった。新体制の不安をねじ伏せる力がありました。

 

Juice=Juice単独ツアー 仙台、広島

 

単独で見たやなみんは入ってまもないのにもう全曲参加してました。同じく同期のるるちゃんも研修期間が長かったとはいえ堂々としたパフォーマンス。二人が入ったJuice=Juiceがファンに受け入れらてるのを後ろで見ていてとても嬉しく思いました。

 

それからしばらくJuice=Juiceを見に行く機会は減りました。他のグループ、ハロ以外も見に行っていたからです。でも、気にはなっていたので、みんながやなみんを褒めてくれるつぶやきは無意識に探してました。

 

2018

 

やなみんの卒業発表

 

その翌日、Juice=Juiceの岐阜公演がありました。チケットは完売。行っても当日券があるかは分からない。でも、そこにいるカントリーのオタクと話したい。そんな衝動的な思いで岐阜に向かっていました。

でも、なんとか当日券で入ることが出来ました。その時のやなみんは卒業を発表し、何かすっきりした表情なのか、みんなとアイコンタクト多めでずっと笑顔でした。その笑顔を見てると卒業というオタクにとって悲しいことも吹き飛ばしてくれるくらい元気をもらいました。だから涙は出ませんでした。ただただ楽しかった。

 

そして、3/11 ラストライブ。

僕はテレビで見ていました。

 

最初に見たカントリーのライブでは少なかったやなみんの色がこの日はたくさんありました。それはカントリーのファンの人はJuice=Juiceの時は青を、その逆もという効果だったのかもしれません。でもいつもより多くのやなみんの色が会場を埋めつくしてるのは嬉しい気持ちになりました。

 

最後にカントリー・ガールズで披露したVIVA!薔薇色の人生。楽しい曲だけど、もう涙が止まりませんでした。ももちラストライブとやなみんのラストライブとこの2つの思い出が詰まったより大切な曲になりました。

 

結局、いった現場は少ないですが、後悔はありません。どれもやなみんの大きな場面に出会うことが出来たから。

 

今までありがとうございました。そして、卒業おめでとうございます。

ヲタ活2018

  1. 01/06(土) ハロコン 中野サンプラザ
  2. 01/20(土) ハロコン オリックス劇場
  3. 01/28(日) ハロコン 愛知芸術劇場
  4. 02/10(土) ハロコン 仙台サンプラザ
  5. 02/12(月) フィロソフィーのダンス・CALL ME ツーマン 渋谷WWWX
  6. 02/17(土) SANDS 須藤茉麻出演舞台 萬劇場
  7. 03/03(土) 清水佐紀CDS 原宿ラドン
  8. 03/24(土) くまぁずイベント 新宿RENY
  9. 03/25(日) こぶしファクトリー リリイベ ラクーア
  10. 03/31~04/01 SATOYAMA SATOUMI パシフィコ横浜
  11. 04/15(日) こぶしファクトリーライブ 甲府コンビクション
  12. 04/28(土) juice=juiceホールコン 清水マリナート
  13. 04/29(日) ニコニコ超会議 山木梨沙出演
  14. 05/03(木) チャオベッラチンクエッティ ライブ 名古屋RENY
  15. 05/05(土) こぶつば合同 NHK大阪
  16. 05/12(土) 夢で逢いま笑 須藤茉麻舞台 吉祥寺
  17. 05/20(日) こぶしファクトリーライブ 名古屋ダイヤモンドホール
  18. 06/02(土) アップアップガールズ(仮)ライブ F・A・D横浜
  19. 06/03(日) アプガ・チャオベラ ツーマン 初台DOORS
  20. 07/07(土) 須藤茉麻BDイベント
  21. 07/08(日) アイドル横丁 横浜
  22. 07/14(土) ハロコン オリックス劇場
  23. 07/15(日) ハロコン オリックス劇場
  24. 07/16(月) こぶしファクトリーリリイベ 難波
  25. 07/22(土) CLAP!CLAP!CLAP! 須藤茉麻出演舞台 風姿花伝
  26. 07/28(土) PINKCRES. ライブ 西川口HEARTS
  27. 08/02(木) チャオベララストライブ 豊洲PIT
  28. 08/03(金) TIF お台場
  29. 08/17(金) こぶし対バン アプガ・ミスモア
  30. 08/19(日) Chu-Z ライブ 名古屋ELL
  31. 08/31(金) 山木梨沙脱出ゲーム ミステリーサーカス
  32. 09/01(土) サギムスメ 須藤茉麻舞台 ワーサルシアター
  33. 09/22(土) モーニング娘。18 座間ハーモニーホール
  34. 09/23(日) IPOPFES PINKCRES出演
  35. 09/24(月) PINKCRESライブ 新宿RENY
  36. 10/06(土) 虚偽申告 須藤茉麻出演舞台 下北沢「劇」
  37. 10/07(日) ミステイク
  38. 10/21(日) SATOYAMA SATOUMI 熊谷体育館
  39. 11/03(土) juice=juiceライブ 岐阜CLUB-G
  40. 11/04(日) ロフトフェス 川崎クラブチッタ
  41. 11/05(月) カントリー4周年ライブ ZEPP TOKYO
  42. 11/24(日) ラジオ日本公開収録
  43. 12/01(土) こぶしファクトリーライブ 富山MAIRO
  44. 12/02(日) juice=juiceライブ 長野JUNKBOX
  45. 12/16(日) 飯窪春菜卒業コンサート 武道館
  46. 12/22(土) アップアップガールズ(2)ライブ 下北沢GARDEN
  47. 12/23(日) 須藤茉麻クリスマスイベント
  48. 12/24(月) こぶし対バン TOKYO IDLE X'mas
  49. 12/30(日) 吉川友ライブ 原宿
  50. 12/31 (日)  ビタースイート、おかまりん、はしもろ 忘年会
  51. 12/31(月) PINKCRESカウントダウンライブ 原宿GROUND 

 

 

12/16(日) 飯窪春奈卒業コンサート @武道館

人生初めての武道館公演に行ってきました。

休日開催はありがたいですね


f:id:mosuji:20181218234724j:image

飯窪さんのメンバーカラー「ハニー」のようにイチョウの葉も黄色く輝き、日本の四季も飯窪さん卒業を祝っているかのようなすてきな景色でした。


f:id:mosuji:20181218234608j:image

 

 

開場16:00/開演17:00。

 

初めての武道館は南西2階スタンド席。急勾配の席から見下ろすステージは立体的で、ホールコンサートでは見れないセンターステージや上手、下手に細くステージが広がっていました。開演30分前となるとまわりもタオルやペンライトなどの準備を始めます。自分もタオルを頭に巻き、ペンライトの点灯確認。ここで問題が発生。

飯窪さんのハニー色がつかない。電池がすくなってしまってしっかりと黄色に発色しないのです。準備不足でした。

 

セットリストはあくまでも秋ツアーのコンセプトを踏襲。座間で1公演見ていたので新曲の飯窪さんとちぃちゃんのイチャつきっぷりは全力待機で拝むことが出来ました。ふたりは上手の端っこでしたが通路の端までちぃちゃんが逃げ、全力で飯窪さんが追いかけるという面白いことになってました。追いつかれたちぃちゃんはしっかりハグしてました。なんとも微笑ましい光景。

 

娘。の曲は詳しくないのでじっくり鑑賞するスタイルで見ていましたが、what's is love /123/愛されたい はほぼ聞いたことなくても体が無条件に踊り出す曲だったのでこの辺はフィーバーしまくって階段から落ちそうになりました。その時は盛り上がって自分の世界に入りすぎてメンバーを見失ってました。

 

そして、メンバーからの贈る言葉、卒業ソングのY字路の途中は本当に感動しました。飯窪さんの手紙は、前向きな言葉が綴られており別れを意識することが少なかったためか、これからの期待を高めてくれるものでした。

 

卒業するメンバーを見送るのはももちに次いで2人目でしたが、その日限りの特別な衣装に身を包み、踊り歌う姿は本当に美しく、そして輝いていました。

 

飯窪さんご卒業おめでとうございます。

 

...ヤンタンで言ってた涙を濡らした理由は今週楽しみにしてます。

 

 

11/3(土) Juice=Juice岐阜公演~やなみん卒業発表初公演~

やなみんの卒業発表があった11/2(金)

 

一夜明けての土曜日。

やなみんの所属するJuice=Juiceのライブが岐阜で開催。朝起きて、1時間くらいみんなの呟きを見ていたら、こんなところに愚痴をこぼすくらいなら、とりあえず行ってみようと決意し荷物をまとめチケットも無いのに岐阜へ向かって出発しました。

 

岐阜に着いて、カントリーヲタさんと合流し、近くの喫茶店でいろいろと話をしていたら、それだけで楽な気持ちになりました。すると開場1時間くらい前になって当日券の情報があったので会場まで行き10人くらいの列に並ぶことにしました。


f:id:mosuji:20181109224208j:image

入場が始まり、すべての客が入ってから当日券販売枚数が発表されました。そして、まさかの自分でちょうど打ち切りに。なんともありがたいことです。

 


f:id:mosuji:20181108191251j:image

 

中に入るともう既に金澤さんの影アナが始まっており、下手最後尾に位置取り開演前のジュースコールに参加。さまざまな気持ちがないまぜになりながらもライブ前のいつものワクワク感が高まっていきました。

 

そして、あっという間の1時間半のライブ。juiceの高い歌唱力の安定感。まなかん加入により新たな武器としてのダンス。そして、緩急織りまぜてた鉄板に盛り上がるセトリ。初見でも楽しめるライブはこれだ!というのが凝縮された見どころあふれるライブでした。久しぶりのjuiceライブをただ純粋に楽しみました。

 

さて、やなみんの話にもどります。

 

岐阜公演はやなみんが卒業発表してファンの前に立つ初めての現場。数曲終わったあとにやなみんが語り始めます。

 

「来年の3月末をもってJuice=Juice、カントリー・ガールズそしてハロプロを卒業します。」

 

やなみんが真っ直ぐな目線で言葉を詰まらせることなく力強く語り、そのスッキリした表情には強い意志を感じました。その言葉に早くも涙が止まらなくなるリーダーのゆかにゃ。早すぎる涙に、メンバーも「早すぎ(笑)」と茶化し、空気も少し緩和しました。ゆかにゃにはjuiceにやなみんが入ることが決まった時にあんなに喜んでくれたり、優しくしてくれたり、感謝しかありません。

 

ほかのメンバーもライブが進むにつれ、少しずつやなみんの卒業を実感してきたのか、アンコール前の曲は歌詞も相まって次々とみんなの声に感情がこもってきました。それでもずっと笑顔を続けるやなみん。やなみんはライブに来てくれた方がみんな笑顔になって帰って欲しいと自身のアイドル哲学をことある事に語っています。その信念はこの状況でも貫いてくれていて自分はやなみんの笑顔を見れて、最後まで笑顔で楽しみました。だから、楽しすぎて涙は一切出ませんでした。

 

ライブ後は何か心のつかえがすっかり取れて、やなみんを心から応援しようと思いました。それだけアイドルの笑顔にはパワーがあるんだと強く感じた公演でした。

 

またjuiceのライブいきたいですね。

 

 

 

 

梁川奈々美

Berryz工房から入り、カントリーの不思議なキャラクターを持つやなみんが面白くてカントリーも見始めた。そんな時にももちが卒業を発表し、いよいよ在宅から一歩踏み出し初めて現場に行ったももちイズムコンサートのZepp Nagoyaで最初に手にしたのは紫のサイリウムだった。ころころ変わる表情や危なっかしいところ。体に似合わない大きなサックスをフラフラしながら演奏してドヤ顔が面白くて印象に残った。

 

そして、ももちラストの前に発表された兼任制度。ちぃちゃん、ふなちゃんは正直心配は無かった。Juice=Juiceは少数精鋭のレベルの高い集団で今までグループへの加入がない。やなみんはスキルや人気に関しては正直、その2人より劣るとは思っていた。

 

でも入ってみてJuice=Juiceのオリジナルメンバーが優しくて、ヲタクも優しい。そんな環境で身近な先輩を見てどんどんスキルも上達していった。本当にやなみんにとってのこの1年は多くの人の経験より密度が高かったと思う。海外公演や2回の武道館。毎回、大きな舞台を経験する事に新しい梁川奈々美を見せてきてくれた。

 

やなみんは勉強が好きなのに、Juice=Juiceだとついていけるのかな?と最初は気になってたけど、最近は気にしないようにしてたところあった。でもこのお知らせを聞いてからそれを思い出した。本人の意思で決めたことなら何も文句は無い。頑張って欲しい。

 

 

 

mosuji.hatenablog.com

 

9/24 PINK CRES.~PINK LAND~@新宿RENY


f:id:mosuji:20181006101057j:image

 

PINK CRES.の初めてのライブツアー、初日埼玉から約2ヶ月ぶりのライブ参戦。

千秋楽でもあり、会場が最初の単独以来の新宿RENYということで感慨もひとしお。

開演が14時にも関わらず楽しみすぎて11時に来てしまいました(照)

 

久しぶりに来た新宿RENYは内装が変化しており、段ができていたり縦に柵ができていたりスペースの制限が増えていましたが、段上後方はメンバーの目線がちょうどいい感じなのでうしろでも見やすかったです。

 

一回目は上手、二回目は下手とひかにへ平等に見ましたが意外と正面のメンバーより対角に見るメンバーの方が可愛く見えるという発見もありました。

 

音楽的な論評、ライブMCの詳細などはこちらの記事が素晴らしいので見てみてください。(雅ちゃんヲタクのライターw)

 

Yosuke Tsuji on Twitter: "昨日撮って書いたものが配信されたようです。あくまでオフィシャルなので、とてもフラットな文章となってます!… "

 

というわけでPINK CRES.というグループについて感じたことを書こうと思います。

 

最初のアルバムリリースが2017/06ですからまだ1年くらいだと思います。最初のアルバムcrescendoはほんと名盤でツアーにこの曲が来れば体が勝手に動き出すくらいにはなじんでます。2ndアルバムのえとせとらもこれまた名盤ですが、こちらは生のライブ映えが素晴らしく感じた印象。どちらの曲ももちろんよいですが生で見て楽しかったり、グッとくるのはこちらですね。

 

自分はハロの中ではこぶしのライブが一番好きです。その対極にあるのがPINK CRES.だと思います。コールもない、ジャンプもすこし、曲調も激しめは少なめ。逆に対極にあるからこその醍醐味。これが楽しいと思えるのはそこまでがっつりハロに浸かってないからなのかもしれません。

 

セトリはバラード、ポップ、ロックと緩急もふんだいにあり、MCも3曲くらいで1回と多めなんで曲についてのエピソードとか聞けてそれも嬉しかったり。なかなか台本にないハプニングがあったりそんななか和気あいあいとしているメンバーが心底かわいい。難しいと思うんですよ。雅ちゃんには15年というキャリアがあり、そこにファンとして入った2人というグループなんで。でも見ててほんと仲の良さが伝わってくるし、何も言わなくても2人から伝わる尊敬の念も感じることができます。雅ちゃんは多分ソロでもイベントできるけど必ずPINK CRES.としてやってくれる。自身のbirthdayでも。自分のことも見て欲しいけど、もっと2人の良さを知ってもらいたいという気持ちが伝わってくる。最近、雅ちゃんに感じるのは可愛いとかいうアイドルに持つべき感情よりその素晴らしい人間性に尊敬という感情の方が強いです。

 

全然ライブの感想に入りませんねw

 

楽しかったという一言に尽きますw

 

ほかにも掛け持ちして毎度遠征しないといけないんで全ての公演には行けないんですが今後も節目節目には行きたいと思います。


f:id:mosuji:20181006104631j:image

コピペ用

1.住まい

2.年齢

3.職業

4.推し

5.いつからこぶしを推してますか?

6.こぶしを推す前は誰を?

7.推しのここが好き

8.どこでライブがあるとうれしい?

9.ホールコンするならここで見たい

10.ホールとライブハウスどっちが好き?

11.音霊には行きますか?

12.今までの最高の現場は?

13.推しにはこうなってほしい

14.他人に勧めたいこぶしの推しポイント

15.こぶしにはあと何年続いてほしい?

16.ヲタ卒を考える?

17.最後に一言

#こぶしヲタにする17の質問