あさーくひろーく

ハロプロ現場レポ

11/3(土) Juice=Juice岐阜公演~やなみん卒業発表初公演~

やなみんの卒業発表があった11/2(金)

 

一夜明けての土曜日。

やなみんの所属するJuice=Juiceのライブが岐阜で開催。朝起きて、1時間くらいみんなの呟きを見ていたら、こんなところに愚痴をこぼすくらいなら、とりあえず行ってみようと決意し荷物をまとめチケットも無いのに岐阜へ向かって出発しました。

 

岐阜に着いて、カントリーヲタさんと合流し、近くの喫茶店でいろいろと話をしていたら、それだけで楽な気持ちになりました。すると開場1時間くらい前になって当日券の情報があったので会場まで行き10人くらいの列に並ぶことにしました。


f:id:mosuji:20181109224208j:image

入場が始まり、すべての客が入ってから当日券販売枚数が発表されました。そして、まさかの自分でちょうど打ち切りに。なんともありがたいことです。

 


f:id:mosuji:20181108191251j:image

 

中に入るともう既に金澤さんの影アナが始まっており、下手最後尾に位置取り開演前のジュースコールに参加。さまざまな気持ちがないまぜになりながらもライブ前のいつものワクワク感が高まっていきました。

 

そして、あっという間の1時間半のライブ。juiceの高い歌唱力の安定感。まなかん加入により新たな武器としてのダンス。そして、緩急織りまぜてた鉄板に盛り上がるセトリ。初見でも楽しめるライブはこれだ!というのが凝縮された見どころあふれるライブでした。久しぶりのjuiceライブをただ純粋に楽しみました。

 

さて、やなみんの話にもどります。

 

岐阜公演はやなみんが卒業発表してファンの前に立つ初めての現場。数曲終わったあとにやなみんが語り始めます。

 

「来年の3月末をもってJuice=Juice、カントリー・ガールズそしてハロプロを卒業します。」

 

やなみんが真っ直ぐな目線で言葉を詰まらせることなく力強く語り、そのスッキリした表情には強い意志を感じました。その言葉に早くも涙が止まらなくなるリーダーのゆかにゃ。早すぎる涙に、メンバーも「早すぎ(笑)」と茶化し、空気も少し緩和しました。ゆかにゃにはjuiceにやなみんが入ることが決まった時にあんなに喜んでくれたり、優しくしてくれたり、感謝しかありません。

 

ほかのメンバーもライブが進むにつれ、少しずつやなみんの卒業を実感してきたのか、アンコール前の曲は歌詞も相まって次々とみんなの声に感情がこもってきました。それでもずっと笑顔を続けるやなみん。やなみんはライブに来てくれた方がみんな笑顔になって帰って欲しいと自身のアイドル哲学をことある事に語っています。その信念はこの状況でも貫いてくれていて自分はやなみんの笑顔を見れて、最後まで笑顔で楽しみました。だから、楽しすぎて涙は一切出ませんでした。

 

ライブ後は何か心のつかえがすっかり取れて、やなみんを心から応援しようと思いました。それだけアイドルの笑顔にはパワーがあるんだと強く感じた公演でした。

 

またjuiceのライブいきたいですね。

 

 

 

 

梁川奈々美

Berryz工房から入り、カントリーの不思議なキャラクターを持つやなみんが面白くてカントリーも見始めた。そんな時にももちが卒業を発表し、いよいよ在宅から一歩踏み出し初めて現場に行ったももちイズムコンサートのZepp Nagoyaで最初に手にしたのは紫のサイリウムだった。ころころ変わる表情や危なっかしいところ。体に似合わない大きなサックスをフラフラしながら演奏してドヤ顔が面白くて印象に残った。

 

そして、ももちラストの前に発表された兼任制度。ちぃちゃん、ふなちゃんは正直心配は無かった。Juice=Juiceは少数精鋭のレベルの高い集団で今までグループへの加入がない。やなみんはスキルや人気に関しては正直、その2人より劣るとは思っていた。

 

でも入ってみてJuice=Juiceのオリジナルメンバーが優しくて、ヲタクも優しい。そんな環境で身近な先輩を見てどんどんスキルも上達していった。本当にやなみんにとってのこの1年は多くの人の経験より密度が高かったと思う。海外公演や2回の武道館。毎回、大きな舞台を経験する事に新しい梁川奈々美を見せてきてくれた。

 

やなみんは勉強が好きなのに、Juice=Juiceだとついていけるのかな?と最初は気になってたけど、最近は気にしないようにしてたところあった。でもこのお知らせを聞いてからそれを思い出した。本人の意思で決めたことなら何も文句は無い。頑張って欲しい。

 

 

 

mosuji.hatenablog.com

 

9/24 PINK CRES.~PINK LAND~@新宿RENY


f:id:mosuji:20181006101057j:image

 

PINK CRES.の初めてのライブツアー、初日埼玉から約2ヶ月ぶりのライブ参戦。

千秋楽でもあり、会場が最初の単独以来の新宿RENYということで感慨もひとしお。

開演が14時にも関わらず楽しみすぎて11時に来てしまいました(照)

 

久しぶりに来た新宿RENYは内装が変化しており、段ができていたり縦に柵ができていたりスペースの制限が増えていましたが、段上後方はメンバーの目線がちょうどいい感じなのでうしろでも見やすかったです。

 

一回目は上手、二回目は下手とひかにへ平等に見ましたが意外と正面のメンバーより対角に見るメンバーの方が可愛く見えるという発見もありました。

 

音楽的な論評、ライブMCの詳細などはこちらの記事が素晴らしいので見てみてください。(雅ちゃんヲタクのライターw)

 

Yosuke Tsuji on Twitter: "昨日撮って書いたものが配信されたようです。あくまでオフィシャルなので、とてもフラットな文章となってます!… "

 

というわけでPINK CRES.というグループについて感じたことを書こうと思います。

 

最初のアルバムリリースが2017/06ですからまだ1年くらいだと思います。最初のアルバムcrescendoはほんと名盤でツアーにこの曲が来れば体が勝手に動き出すくらいにはなじんでます。2ndアルバムのえとせとらもこれまた名盤ですが、こちらは生のライブ映えが素晴らしく感じた印象。どちらの曲ももちろんよいですが生で見て楽しかったり、グッとくるのはこちらですね。

 

自分はハロの中ではこぶしのライブが一番好きです。その対極にあるのがPINK CRES.だと思います。コールもない、ジャンプもすこし、曲調も激しめは少なめ。逆に対極にあるからこその醍醐味。これが楽しいと思えるのはそこまでがっつりハロに浸かってないからなのかもしれません。

 

セトリはバラード、ポップ、ロックと緩急もふんだいにあり、MCも3曲くらいで1回と多めなんで曲についてのエピソードとか聞けてそれも嬉しかったり。なかなか台本にないハプニングがあったりそんななか和気あいあいとしているメンバーが心底かわいい。難しいと思うんですよ。雅ちゃんには15年というキャリアがあり、そこにファンとして入った2人というグループなんで。でも見ててほんと仲の良さが伝わってくるし、何も言わなくても2人から伝わる尊敬の念も感じることができます。雅ちゃんは多分ソロでもイベントできるけど必ずPINK CRES.としてやってくれる。自身のbirthdayでも。自分のことも見て欲しいけど、もっと2人の良さを知ってもらいたいという気持ちが伝わってくる。最近、雅ちゃんに感じるのは可愛いとかいうアイドルに持つべき感情よりその素晴らしい人間性に尊敬という感情の方が強いです。

 

全然ライブの感想に入りませんねw

 

楽しかったという一言に尽きますw

 

ほかにも掛け持ちして毎度遠征しないといけないんで全ての公演には行けないんですが今後も節目節目には行きたいと思います。


f:id:mosuji:20181006104631j:image

コピペ用

1.住まい

2.年齢

3.職業

4.推し

5.いつからこぶしを推してますか?

6.こぶしを推す前は誰を?

7.推しのここが好き

8.どこでライブがあるとうれしい?

9.ホールコンするならここで見たい

10.ホールとライブハウスどっちが好き?

11.音霊には行きますか?

12.今までの最高の現場は?

13.推しにはこうなってほしい

14.他人に勧めたいこぶしの推しポイント

15.こぶしにはあと何年続いてほしい?

16.ヲタ卒を考える?

17.最後に一言

#こぶしヲタにする17の質問

7/21 須藤茉麻出演舞台 CLAP!CLAP!CLAP!

須藤茉麻さんの舞台CLAP!CLAP!CLAP!を見に行きました。今月はマニーがピンチだったんで行く予定なかったんですが、いざ舞台の初日が明けたらヲタクの絶賛コメが続出。どうしようどうしようと思ってたけど結局チケットをポチリwこういう時にある言葉がよぎりました。

 

買う理由がお金ならやめておけ

買わない理由がお金なら買っておけ

 

この名言を「行かない」という言葉で置き換えた時絶対後悔すると思い、今回行きましたが後悔しなくて良かったです。ほんとに面白い舞台でしたから。

 

場所は下落合のシアター風姿花伝
f:id:mosuji:20180722220216j:image

入場口が狭いので入場列が出来ておりました。暑い😟。この日の温度は35度以上🔥

なんとか15分ほどで入口に到着。クラスタのお花が。


f:id:mosuji:20180722220550j:image

ありがたいですね。いつもお気持ちを渡すのを忘れてしまいますm(_ _)m

 

さていよいよ入場。の前にグッズを購入。

くろすもものプロマイドと缶バッジを購入しました。計¥2000。


f:id:mosuji:20180722220823j:image

 

缶バッジはランダムなんで、すももさんは残念ながら出ませんでしたが、舞台見て、このラインナップだったらむしろ👍。舞台見終わったあとはパンフレットとめっちゃ余ってるから買ってくれと言われたんで主演の人のプロマイド買いました。なんとただで目の前でサインしてくれました。優しすぎるやろw


f:id:mosuji:20180722225727j:image

あとゲネプロのオフショット写真も購入しました。


f:id:mosuji:20180722225812j:image

 

5枚でなんと1000円!お安い🤩

注) ハロプロ基準

 

グッズの話で脱線しましたが、席は自由席ということでに5列目くらいの上手方面に席を確保し待機してますと、ゆめちゃんが前説で登場。会場にコールアンドレスポンスを求め観客もしっかり声出ししてあったまった所で舞台が暗転していよいよ開演です。

 

ストーリー

 

  • 主人公が博士に改造されてヒーローになる
  • 敵地へ博士とヒーロー1号、2号が突撃し、ボコボコにされて1号が人質に
  • 1号が女幹部から拷問されなにかが目覚める
  • 博士、2号が救出にくるが調教された1号が帰りたくないと駄々をこねる
  • 敵に見つかる
  • ボス軍と幹部軍が仲間割れをはじめる
  • 後から来たすももがボス軍を連れて一旦退散
  • ボス軍がすももと一緒に幹部軍に乗り込みすももが大暴れ
  • 幹部がボコボコにされて気持ちを入れ替える
  • 大円団(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ

 

ストーリーだけ見るとなんて中身がないんだ!と書きながら思ったw

あらすじの書き起こしがとっても楽だったよw

 

中身が無くて頭空っぽにして笑おう!とは演者も言ってますんでこれは公認です。決してdisってるのではありませんので悪しからずm(_ _)m

 

終始コントみたいなことが本筋と一切関係なく行われるんで腹抱えて笑ってしまうんですが、ここがこうで面白かったと伝えることが実に困難。目視でしか伝わらないんで全く舞台の良さをお伝えできないんですが、こういうバカバカしいコメディは舞台だからこその感じがして楽しかったです。

 

須藤茉麻と大袈裟すもも

 

さて、わたしの推しの話をしましょう。恵まれた体型のため女性役者の中に混ざるととんでもなく存在感を発揮し、小顔なのに大きな瞳、そして美白。美人としての要素をこれでもかと詰め込みながらも、一方では丸みを帯びた輪郭には可愛らしさも残していて完璧すぎるビジュアル。もちろん推しなんで盛ってますよ。そんな彼女ですが、性格が最高に推せます。笑い方は豪快にガハハハと笑い、メンバーの尻を触ってニヤニヤし、アニメを愛し推しのコナンの話になると早口になって急にヲタクになり、ハンガーを日常で破壊するという逸話を持つ。なんか羅列するとなんじゃこれとなりますが同一人物です。こんなキャラクターいませんわ。普通。ここで大事なのは力が強くて、一般女性より体格が恵まれていて、なおかつ美人という要素。

これは今回の大袈裟すももという役にものすごく大事な要素でした。

すももを簡単に言えば相手をどでかい声で恫喝し、すぐに暴力をふるうJC3というとんでもない女の子。

相手を恫喝するときの表情は目が大きいため、ガッと見開くと迫力があり、恵まれた体型のため暴力シーンでの圧倒的な説得力、さらに美人な顔面によってこわーい表情も絵になります。ほんとに茉麻というのは唯一無二な役者って感じしますね。

 

茉麻ヲタの総意としては、

 

すももさんにしばかれたい

 

ほんとにとてもいい舞台でした。また、茉麻のコメディーを見てみたいですね。

 

最後に

茉麻の「許してにゃん♥」かわいかった 

7/14-16 大阪遠征 ハロコン

大阪のオリックス劇場からSTARTするハロコン初日に参加してきました。

 

大日程

 

7/14 ハロコン Aパターン 18:00

7/15 ハロコン Bパターン 14:30

7/16 こぶしファクトリー新曲リリイベ 13:00

 

車での移動だったので道中いろいろと寄り道


f:id:mosuji:20180719231859j:image

琵琶湖 サンライズ 

 

早朝に京都駅に到着し昼までのんびり歩いて街を散策

 


f:id:mosuji:20180719232038j:image

祇園祭りの鉾

 


f:id:mosuji:20180719232155j:image

抹茶

スマイルホテル京都四条 和カフェ「まほろばぁむ」【楽天トラベル】

 

脱出ゲーム終わりのカントリーヲタさんと合流してお昼ご飯

 


f:id:mosuji:20180719232425j:image

 

なんかおしゃれな餃子の王将

 

京都の暑さは息するのも命懸けというくらいで汗が滝のように流れて何度か死にかけましたwそして、昨日の夜からぶっ続けで車で移動してきての蓄積された疲労もありオリックス劇場についた時にはヘロヘロ状態😅

とはいえ体は悲鳴をあげていてもハロコンの楽しみの方がずっと勝っていたので気持ちはワクワクでいっぱいで疲れを感じてはいませんでした。そしていよいよ開演です。

 

ハロコン感想

 

まなかんのjuice入りが発表されてから急遽一般発売のチケットをとったんで三階席。俯瞰で見るメンバーはちっちゃくてほとんど見えませんでしたが逆に全体が見渡せて、その中でも目立つメンバーはやはり華があるんだなと感じることが出来ました。

 

終わったあとのヲタクの感想では、新グループが披露したDAPUMPさんのUSAが一番のハイライト。まさか、この曲をやるとはまったく予想してなかったから会場のどよめきがすごく、なんならコールが1番大きかったんじゃないかってくらい盛り上がってた。ただ、エルオーブイイーラブリーのメンバーコールはさすがに対応しきれなかった。きっと徐々に形になって行くでしょう。

 

モーニング娘。18

カントリーヲタクとしてちぃちゃん探すも、まーちゃんのオーラがずば抜けすぎてて気づいたらまーちゃんを目で追ってることに気づく。でもメンバー多いから輝きも薄まる。しかし、シャッフルコーナーで7人くらいで歌う時には目立ち方が異常。その時はさゆきちゃんとかあやぱんとかりこりことか歌唱メン、ダンスメンとスキルに特化したユニットだったにも関わらず周りが引き立て役にしかならない。このオーラに生で見て圧倒された。なんでセンターにしないんだろ🤔

 

アンジュルム

 

武道館で披露したきりなんの映像もなく印象が水戸黄門だったり湘南乃風だったりいまいち詳細がはっきりしない「夏将軍」を初めて見ました。イントロがほんと水戸黄門で笑ってしまいましたが、曲調は夏の野外フェスにぴったりなノリノリな楽曲。基本コールを入れるようなハロプロ曲ではなくみんなでリズムに乗りながら軽く跳ねてタオルを回したくなる曲。

あとメンバーで印象的だったのはりかことたけちゃん。かっこよさは両者全く違い、たけちゃんは前髪に少し隠れたすき間から鋭い眼光にゾワゾワし、りかこは全身がかっこよくて背が高いので一際輝くし、センターがしっくりしてました。ただ、かっこいいだけじゃなく可愛さも表現できるのがりかこのギャップ。その強みはさすが。

 

juice=juice

 

今公演の個人的なメインとしてはまなかんを見ること。しかし、完全にやなみんに持ってかれました。juiceにいると気づかないけどカントリーで歌う時のギャップが恐ろしい。目線の使い方が抜群に上手くて要所要所のカメラに抜かれる場面でしっかりと結果を残します。軽く目線を逸らすとか一体どこで覚えたのか、痺れました。あとるーちゃんは全体曲でもスタイルの良さと今回の髪型が一つ結びで超絶可愛いので際立ってました。といってもオリメンの仕事ぶりはやはりさすが。シャッフル曲では佳林ちゃんとかなともは完全にそのユニットのエースの貫禄。曲をそのメンバーのカラーにしてしまうほどの強い個性が圧倒的でほかをかすませてしまいます。曲はjuiceで大好きな「GOAL~明日はあっちだよ~」を8人で披露してくれました。この曲の前向きな歌詞とメンバーの躍動感あって楽しそうなダンス、全員の声が揃った時の素敵なハーモニー。楽しい曲なのに涙が出てきました。まなかんがjuiceに入ることは賛否両論あるけど、juiceで楽しそうにしてるまなかん見てるだけでありがとうの気持ちになって、もやよやが全部吹き飛んだ気がします。

 

カントリー・ガールズ

 

こちら新曲を初披露。なんの情報もなかったんでこれは嬉しいサプライズ。JAZZテイストと山木さん紹介がありましたが、可愛いらしい振り付けにゆったりとした気持ちいいリズムになかなか見応えのある曲でした。これも配信シングルとなるでしょうからGET必須ですね。どーだっていいのも披露しましたが声に力強さが加わり、成長著しいやなふながリードしているような感じを受けました。パフォーマンスが上がって嬉しいという気持もありますがなんと言っても五人揃うと可愛いの一言につきます。ハロプロの曲はかっこよさに圧倒されたり美味さに舌をまいたりと感動する場面が多いですが純粋に見ててニヤニヤしちゃうのはカントリーだけでアイドルの楽しさを存分に味わってる気持ちになれます。

 

こぶしファクトリー

 

唯一春からのLIVEを生で見ているだけにもう楽しさしかない。個人的にはホールでの声量が1番だったんじゃないかなと思うくらいパワーがありました。そして今夏発売の新曲を披露しました。「きっと私は」は正直ピンと来ませんでした。単調だなぁ。メロの繰り返し多くて最後飽きてしまいました。実は三連休の最後の月曜日に大阪のなんばでリリイベがあり、その時近くで見たらこれまた印象が変わりました。なんせ繰り返しで単調だなと思ってたメロの振りがめちゃくちゃかわいいんですから。ここは何回でもほしくなってしまう。またしっかりレクチャーを受けてヲタクで合唱する所も周りがこぶしヲタクなら全力に叫べて楽しいし、なかなかいい曲に育っていきそうです。そして、もうひとつの「ナセバナル」。号泣しました。歌詞とかメロディーとかアイドルとしてのストーリーとか関係無しに歌声の素晴らしさだけで自然と涙が溢れてきました。辛夷の花に並ぶ名曲の予感です。

 

つばきファクトリー

 

新曲3曲がどれも素晴らしく、樹々ちゃんの随所に見られるエース感はあれどもどのメンバーも輝いていました。個性がハッキリしてきたように思います。まだ単独現場を行っていないグループですので1度は味わってみたいですね。

 

 

 

大阪ハロコンは一年前にも参加したことがあり、この一年のヲタ活の楽しさを倍にするようなヲタクとの出会いの場所でもありました。そんな大阪ではハロコンに2公演入り、こぶしリリイベにも参加し、かなり濃い3日間でした。お金はかかりましたが楽しい1年が始まる予感がします。最後に大阪っぽいところ

 


f:id:mosuji:20180721072517j:image

 

本場の漫才見ました。

 

ムスo・x・) しまいや!

 

 

 

 

5/3 チャオ ベッラ チンクエッティ@名古屋RENY


f:id:mosuji:20180509182416j:image

PINK CRES.とチャオベラのカウントダウンで初めて見たチャオベラ。それをきっかけにライブに行ってみようかなと軽い気持ちでGWの5/3の名古屋開催の昼だけチケット取りました。ちょうどこぶつば大阪行くのに丁度いいしというついで的なところもありました。そして、当日見てハマったら夜は当券で入ろっかな?と思ってました。カウントダウンから月日が経ち、3/31,4/1のサトヤマイベントで久しぶりにチャオベラを見る機会が訪れました。そして、その時に聞いた全力バンザイがあまりに楽しすぎたんで、GWの名古屋がどんどん待ち遠しくなりました。ライブも間近となり、チャオベラの動画を漁っていましたところ突然の解散のお知らせ!慌てて夜もチケットを取りました。結果的にとって正解でした。

 

ライブ感想

 

名古屋RENYは中間に段差のある構造で横も広く、ステージも高く見やすいく、下手や上手の端っこでも死角にならずどこからでも見やすい環境。

 

昼はまず後方段上で見てました。解散という発表がありましたがキャパに対しての客の入はまばら。どうも名古屋はなかなか人が集まりにくいらしい。まあ、そのせいもあり自分のスペースの確保は余裕でした。後ろは地蔵系でじっくり見るタイプが多く、前の方が跳ねまくってました。こぶしは後ろの方がアホみたいに盛り上がってるんでちょっと違いました。なんで、夜は前に行くことにしました。

 

チャオベラの曲は両手で数えるくらいしか予習しませんでしたが、十分楽しめました。かっこよく、セクシーに、アホみたいなコメディ曲から盛り上げ曲までバラエティに富んだセトリで、ライブの魅力をギュギュッと圧縮した密度の濃いライブでした。

 

セクシーといえば最近juiceを見て、アイドルの表現も幅広いなぁと感心してましたが、チャオさんは大人なんでセクシーが表現でというか勝手に出てしまってます。とくに、もろりん、はしもんには見事に落とされました。

 

○○なお姉さんは好きですか?というツアータイトルの通り、回替わりコーナーで○○の部分が変わり、テーマに沿ったメドレーが披露されます。名古屋が2日目の公演だった訳ですが、初日含めての四公演すべて異なるメドレーというベテランならではの対応力。しかも、この○○の部分がツアー中にも関わらず、名古屋以降まだ決まっていないというね。多分、ツィッターなどで反応を見ながら変えれるようにしてるのだと思いますが、さすがです。

 

メドレーが終わるとここから怒涛の盛り上げ曲で一気にスパート。ハイテンションから何度も何度も、そして全力バンザイと順番は忘れましたがこの辺の曲が来た時の盛り上がりは空調効いてるとはいえ、汗だくになるほどの熱狂ぶりでした。やっぱり、ライブは汗かかんとつまらん。

 

アンコール明けのMCでさらりと解散の話に触れますが、これまでがそれを忘れさせるくらいの熱いライブでした。だからなんかしんみりする間もなく最後のヤングDAYS‼に行きます。この曲、メンバーがずーっと笑顔で見てるこっちも楽しくて笑顔になってしまうとってもいい曲です。でも、なんでか涙が出る曲でもあったり。ももちのときも思いましたが、楽しい曲ほど笑いながら涙が出てしまって感情が馬鹿になるんです。

 

ほんとライブ楽しすぎて、ほかの予定入れてしまったのがくやまれる。なんとか平日ですが解散ライブには行ってみたいです。